横浜市立大学大学院 生命ナノシステム科学研究科 生命環境システム科学専攻
横浜市立大学 国際総合科学部 生命環境コース
再生生物学研究室
(小島伸彦研究室)
2016年2月19日更新
Contents
  研究テーマ メンバー 研究業績 研究室の歴史 コンタクト  
What's New
2016.2.19 日経産業新聞の一面に「アニメ愛 技術生む 防御スーツや人工臓器」という見出しで、攻殻機動隊REALIZE PROJECT the AWARDの様子が掲載されました。小島研究室チームの最優秀賞受賞や研究内容についても紹介されています。
2016.2.15 Regenerative Therapy誌に共著論文が受理されました。
2016.2.12 攻殻機動隊REALIZE PROJECT the AWARD(渋谷ヒカリエ・ホールB)に参加し、最優秀攻殻コンテスト賞を受賞しました。受賞の様子はこちらです。
2016.2.8 Regenerative Therapy誌に共著論文が受理されました。
2016.1.20 Regenerative Therapy誌に3報の論文が受理されました。
2016.1.19 細胞アッセイ研究会のシンポジウムで田尾(M2)と佐用(M1)がポスター発表を行いました。
2015.12.17 佐賀大学医学部の青木茂久先生をお招きして、研究室セミナーを開催いたしました。夜は忘年会を行いました!
2015.12.2 Marine Drugs誌に共著論文が受理されました。
2015.12.2 第38回日本分子生物学会年会(神戸ポートアイランド)で佐用(M1)、小島がポスター発表を行いました。小島は口頭発表も行いました。
2015.11.24 国際シンポジウムMHS2014(名古屋大学)で田尾(M2)と佐用(M1)が英語で口頭発表を行いました。
2015.11.8 Biofabrication2015(オランダ・ユトレヒト ユトレヒト大学ユニバーシティーホール)で田尾(M2)がポスター発表、本山(M1)および小島が口頭発表を行いました。
2015.10.25 攻殻機動隊REALIZE PROJECTの攻殻ハッカソン東京大会(秋葉原 DMM.make AKIBA)に参加し、優秀賞を受賞しました。2016年2月に予定されるThe AWARDへの出場権を獲得しました。横浜市立大学のHPにも取り上げられました。リンクはこちらです。
2015.10.25 第19回日本内分泌病理学会学術総会のシンポジウムで口頭発表を行いました。
2015.10.14-16 バイオジャパン2015(パシフィコ横浜)で小島研究室の研究内容を展示しました。初日は佐用(M1)、国本(B3)、二日目は神取(M1)、山田(B4)、最終日は田尾(M2)、朝倉(B4)が説明員として参加しました。
2015.9.11 ロサンゼルス退役軍人医療センターにおいて開催されたセミナーで神取(M1)、佐用(M1)、小島が口頭発表を行いました。
2015.9.8-9 2015 4th TERMIS World Congress(アメリカ・ボストン ボストンマリオットコプリープレイス)で神取(M1)、佐用(M1)、小島がポスター発表を行いました。
2015.8.31 Taiwan-Japan Forum on Additive Manufacturing and Bioengineering(台湾 国立虎尾科技大学)で、田尾(M2)、神取(M1)、佐用(M1)、本山(M1)、朝倉(B4)、山田(B4)が口頭発表を行いました。
2015.8.25 国際会議CAST2015(シンガポール サンテック・シンガポール国際会議展示場)で口頭発表を行いました。
2015.8.4 海の公園で恒例のバーベキュー大会を開催し、今年も満腹になりました!3年生ようこそ!!そして山田くん就職内定おめでとう!!
2015.7.3 バイオアセンブラ第4回若手シンポジウム(大阪大学豊中キャンパスシグマホール)で、田尾(M2)、神取(M1)、佐用(M1)がポスター発表を行いました。ついでに学生さんたちはいろいろ散策したようです。
2015.6.26 第22回HAB研究機構学術年会(昭和大学上條講堂)でポスター発表を行いました。
2015.6.4〜5 第22回肝細胞研究会(米子コンベンションセンター)で小島がレビュー2で口頭発表を、田尾(M2)がポスター発表を行いました。
2015.5.18〜21 国際フォーラムIFMM&IFBF2015(富山国際会議場)で田尾(M2)、神取(M1)、佐用(M1)、小島がそれぞれ口頭発表を行い、田尾が最優秀学生賞を受賞しました。横浜市立大学のHPにも取り上げられました。リンクはこちらです。
2015.5.14 「高分子を細胞と共に凝集させる技術」について特許を出願しました。
2015.4.1 修士2年生1名、修士1年生3名、4年生3名の陣容で新たな年度に突入です!
これ以前の情報は研究室の歴史へ。
メンバー